×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豆乳クッキーダイエットの効果

食事の代替食品として、豆乳 クッキー を食べるだけの豆乳クッキーダイエットは、簡単で、決定打となり得ます。
忠実に実行すれば、体調もお肌もトラブルことなく、健康的に、体重にして4キロダウンします。
豆乳クッキー 一食あたりのカロリーは低いです。
たとえば、コンビニ弁当800kcal程度を、豆乳クッキーダイエット146kcalに替えるだけで、500kcalほどOFFになります。
それでいて、満腹感満たされ、ダイエット特有のストレスは溜まりません。
その満腹感のヒミツは、おから。
水を含むとカサが2倍、重さ3倍にまで増えてくれて、少量でも満腹感が得られるんです。
その上、食物繊維そのものなので、ダイエットに重要な、お通じが気持ちいいです。
ダイエットのお肌のトラブル、体調不良の悩みも、イソフラボンやレシチンが解消してくれます。
しかも、わずか146kcalなのに、通常の一食分に必要な栄養が、バランス良く含まれています。
なおレシチンには、脂肪ダウン効果もあります。
味は、ホテルのシェフが、チェックしました。
かつてあったブランのクッキーはカスカスで食べれたものではありませんでした。
でもこれなら、ダイエットを続けることができるんです。

豆乳クッキーダイエットのメリット

豆乳クッキーダイエットのメリットはなんでしょう?
豆乳クッキーダイエットといえば、大豆タンパクとイソフラボンという言葉をよく耳にされると思います。
どちらもダイエット・健康サプリメント系のショップでよく聞くキーワードです。
まず、大豆に含まれる良質のタンパクを食べた時に、脂肪を排出するところがこの大豆タンパクのメリットのひとつです。
大豆タンパクは脂肪の吸収を抑えてくれるのです。
この点がダイエットクッキーに使われる理由がここにあります。
豆乳にふくまれる成分の大豆タンパクには、ほかにも基礎代謝を維持するという働きもあるのです。
大豆タンパクが体内に摂取されれば、基礎代謝を維持する働きからエネルギーを燃やしやすい体になれるので、豆乳を取るメリットは十分にあるようですね。
また、イソフラボンのいい所は、食欲を抑制することです。
イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするのです。
女性ホルモンの分泌が減少してくると、食べる量が増えてきます。
食欲を抑える機能が働きにくくなるのが原因ですが、中年以降の女性に急に食べる量が増えて太りだす方が多いのはこのためです。
人工的に女性ホルモンを少なくして更年期障害の状態になっているメスのラットに、イソフラボンを加えたエサを与えてみたら、そのラットの食欲に変化がなかったという報告があります。
反対に、エサにイソフラボンを加えられていない普通のエサを与えられていたラットは、やはり食べる量が増えて太り始めたそうです。
女性ホルモンが少なくなったラットの実験のことを聞いて、妙に納得する点があるのです。
実は数年前から、この実験のラットと同じ状態になっていたのです。
やけに食欲があって、すぐ太るんです。前は違ったのに、何故?と思っていました。

豆乳クッキーダイエットと置きかえダイエット

置きかえダイエットは色々なものがありますが、豆乳クッキーダイエットはその中でも最近有名になりつつあるダイエット法です。
豆乳クッキーはダイエットに効果的でありながら美容や健康にもいいといわれています。
それゆえにダイエット食品部門でもダントツの人気を誇り、数あるダイエットの中でも注目されているのです。
夕ご飯を食べずに豆乳クッキーを食べることで、手軽にダイエットをすることができます。
置きかえダイエットという方法です。
豆乳クッキーはバリエーションが多く、何も入っていないプレーン味の他に抹茶味、ゴマ味、野菜の味などの様々なものがあります。
豆乳クッキーは硬めの食感になるので歯ごたえがあり、しっかり噛んで食べることで十分な食事を食べた感じになれます。
一流シェフが作った豆乳クッキーとして販売されているものは、上品な味わいでお腹も気分も満足できます。
食べる時には、コップ一杯の水分と一緒に豆乳クッキーをよく噛んで食べます。
これで十分な満足感を得ることかでき、ダイエット時のストレスも軽減します。
豆乳クッキーと一緒に紅茶・コーヒーにミルクを入れたものなどを一緒に頂いてもいいそうです。
豆乳クッキーを作る時は豆乳と小麦粉、おからを使います。
ここに砂糖やバター、そして一部のビタミンやミネラルなどを配合しています。

Copyright © 2007 豆乳クッキーダイエットに夢中!